So-net無料ブログ作成
検索選択

100802 そして良心の声を聴く [安侍日]

新しい月になり、今日は8月2日です。
最近、表記を忘れてましたが、天暦では6月22日です。

また、今日は安侍日という統一教会の聖日、新しい一週間の出発の日でした。


以前の礼拝で、教会長さんがお話して下さったのですが、
自分の良心に向かって、以下のように質問するのだそうです。


今月一か月間を最高のものにするには、何をしたら良いのでしょうか。
今週一週間を最高のものにするには、何をしたら良いのでしょうか。

何をすれば、喜びを得ることができるのか、
何をすれば、人々が喜んでくれるのか。



人間の本心には「喜びを得たい」という欲望があります。
神様が、そのように人間を造られたのです。

ですから「喜び」を基点として自分の良心に尋ねれば、
今の自分に出来ることを良心が教えてくれるのだそうです。
生きた神様が導いて下さるのです。


そんなわけで、良心の声に耳を傾けながら
今月、今週も頑張ってまいりましょう。


1008020.JPG


いつもご覧いただき、ありがとうございます。
できましたら、1クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村


100522 今日は安侍日 [安侍日]

これから霊界を知らなければ、成約時代になりません。
アダムとエバが堕落しなかったなら、霊界を先に知るのです。
神様の世界がどのようなものであるかをすべて知り、
拍子を合わせるようになっています。


真の家庭と家庭盟誓 より


私たちには本当は、神性、霊性、第六感と言われるような、
目には見えない感性が備わっているのです。

一般のビジネスのセミナーなどでも、講師が言うのは
「これからは、今までのパターンが通用しない。大変な時代が来ている。」
ということです。今、誰しもがそのように見ています。
物質万能主義ではどうしようもなくなっている今の時代です。

見えない私たちの心が、どのような方向を指向して進むのか、
霊的なアンテナが必要になってくると思いました。


1005220.JPG


いつもご覧いただき、ありがとうございます。
できましたら、1クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

今日も皆様に良いことがありますように。


100506 今日は安侍日 [安侍日]

神様の愛と人間の愛がどこで一つになるかという論理を、
今まで誰も知りませんでした。それを知らなければ、
天の父という言葉は無意味になってしまいます。関係がないのです。
アダムとエバは神様の体です。ですから、アダムとエバが完成すれば、
男性の心の中に神様の性相が入り、女性の心の中には神様の形状が入るのです。
アダムとエバの実体の結婚式は、神様の結婚式なのです。


真の家庭と家庭盟誓 より


神人愛一体理想がどこで成されるかというお話です。

「女性の心の中に神様の『形状』が入る」ですが、
形状 = 本然の「美」 ということで良いでしょうか。


1005060.JPG



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
できましたら、1クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村


100428 今日は安侍日 [安侍日]

先生が根本問題を追及するとき、神人一体圏は一体どこなのか
ずっと考えていました。これは重大な問題です。
これを解決しなくては、出発点と終着点が食い違います。
そのような中で。雷のようにひらめいた悟りがあるのです。
真の愛は直短距離に通じるということです。
それが何かというと、垂直は一つです。
水平に対して90度以外はありません。
これは最高の直短距離です。90度なのです。


真の家庭と家庭盟誓 より


日の光が真上から差している状態、
影が出来ない、正午定着の状態と言います。
そして「水晶のように清く澄んだ」心の持ち主でなければ、
神様ははたらきかけることができません。


「雷のようにひらめく」ことって、私もたまーにありますが、
その瞬間というのは興奮しますね♪
滅多にないですけどね。


1004280.JPG



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
できましたら、1クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

100420 今日は安侍日 [安侍日]

神様を愛さなければなりません。
絶対に神様を信じなければなりません。
絶対信仰、神様を絶対に愛して絶対に服従しなければなりません。
なぜそうなのかというと、神様の愛を中心として
神様が相続させる所有権の認定を受けようとするからです。
神様は絶対信仰の上で、絶対愛の上で、絶対服従する立場に
天地を創造されたのです。
神様が創られた絶対信仰、絶対愛、絶対服従の上に
立てられたのが被造万物の創造理想です。


真の家庭と家庭盟誓 より


「絶対」ということ、100%ということの厳格さについて、
高校時代国語の教師に教わったことを忘れられません。
「世の中で絶対というのは『我々は死ぬ』ということくらいである云々」

神様は、絶対信仰、絶対愛、絶対服従を実践されたのです。


さて今日は安侍日という統一教会の聖日です。
4月ももう20日です。速いですね。
今日も一日、頑張りましょう。


今日もお読み下さり、ありがとうございました。
できましたら、1クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

100412 今日は安侍日 [安侍日]

成約時代とは何ですか? 真の父母と真の神様に侍り、
真の神様が、愛と生命と血統の因縁を中心として、
万国の主体に代わって、万天下の中心的な立場に立って、
神様の全権行使を代行しうる人間覇権時代に移っていくのです。
希望に満ちた時代が来ます。
手遅れになる前に早く準備することを願います。


真の家庭と家庭盟誓 より


神様の全権行使を代行しうる者が主導権を執る時代が、
これからの時代だということです。


今日は安侍日という統一教会の聖日です。
8日に1回やって来ます。


1004120.JPG




100404 今日は安侍日 & 日曜礼拝 [安侍日]

愛は一人では成り立ちません。
愛はどこから来るものですか?
私から出てくるのではなく、対象から来るものです。
対象から出てくるために、私が頭を下げて
対象の為に生きなければなりません。
ここに、「為に生きよ」という天理が生じるのです。
きわめて高貴なものが私を訪ねてくるのに、
それを受けようとするからには、相手を高めて
為に生きなければならないのです。
為に生きる哲学を成してこそ愛を受けるのです。


真の家庭と家庭盟誓 より


何故、頭を下げて為に生きなければならないのか。
愛が極めて貴いものだからということです。


今日は安侍日という統一教会の安息日です。
8日ごとにやってきます。
同時に日曜礼拝があります。
何と今日の礼拝は野外礼拝です。


1004040.JPG



100327 今日は安侍日 [安侍日]

自分たちが豊かに生きようというのではありません。
自分だけが豊かな生活をしてはならないのです。
神様はそのような方ではありません。
父母というのはそのようなものではありません。
息子・娘がより幸せになるようにしなければならないのです。
四方にすべてを連結させる家庭を完成しなければならないのです。


真の家庭と家庭盟誓 より


今日は「安侍日」という統一教会の安息日です。
8日ごとにやってきます。

我々は天の運勢を自分だけのものにするのではなく、
周辺に連結させる家庭とならなければなりません。






100319 今日は安侍日 [安侍日]

今日は「安侍日」という統一教会の安息日です。
8日ごとにやってきます。


天運を誰が調整するのでしょうか?
この宇宙を創造なさった主人が調整するのです。

その中心存在があるということをはっきりと知って、
その中心存在が進む道にしっかりついていくとき、
万事がうまくいくのです。


天理の運勢がめぐりますが、その天理の運勢が
いい加減にいくのではありません。
秩序と軌道があり、法則があるため、それを通じて動くのです。
ですから、天運に隷属しているすべての存在は、
為に生きる存在としてあるのです。


真の家庭と家庭盟誓 より


天の運勢というものは、いい加減にやっていて
勝手に訪れてくれるのもではありません。
天理の運行には秩序がはっきりとあります。
その秩序と法則を知らなければなりません。
神様の進む方向についていく一番の方法は
「為に生きる」ことなのです。


1003190.JPG




100311 今日は安侍日 [安侍日]

神様も成長してこられました。
無形の心の中にある子女・兄弟・夫婦・父母を、
実体のアダムとエバをつくり、子女・兄弟・夫婦・父母として、
第二の自分として体恤(たいじゅつ)してこられたのです。
そうすることによって、真の愛の理想を完成した神様として、
無限の喜びを感じようとされたのです。


真の家庭と家庭盟誓 より


神様も成長するのだそうです。
神様は人間の成長過程を見つめながら、
自らも、真の愛の心情を育んでこられたのですね。
人間がいなければ、神様の愛は未完成だったのです。


これはもう、メシヤにしか語れない内容ですね。



100303 今日の安侍日 [安侍日]

子女の心情、兄弟姉妹の心情、夫婦の心情、父母の心情を四大心情圏と言います。
人間の完成は、神様の真の愛の下で四大心情圏を完全に体得しなければならないのです。
この基台が理想的な家庭です。
人間に対する神様の創造理想が成就する最小単位が、四大心情圏の成された家庭です。
真の愛の中では、完全調和と統一が成されるので、起源であられる神様は父の立場で、
人間に絶対不変の真の愛を相続しようとされたのです。


真の家庭と家庭盟誓 より


真の愛を相続するために必要なのは
家庭の中で四つの心情を体得することなのですね。


さて、3月に入って早くも3日です。雛祭です。
実は今年はお雛様を出してません(汗
あああ、
ごめんなさい。
許してください。
ありがとう。
愛しています。


1003030.JPG




100223 今日の安侍日 [安侍日]

愛は自分を主張するところでは、だんだんなくなって逃げていきます。
為に生きて、また為に生きれば、しきりに大きくなっていくのです。
ですから、真なる人は為に生きるところで存在するのです。
真なる夫は為に生きるところで、
真なる父母も為に生きるところで、
真なる孝子、真なる王様、真なる国も
為に生きるところでのみ存在するということを知らなければなりません。


真の家庭と家庭盟誓 より


今日も一日、世のため、人のため、
家庭のため、国のため、
世界のため、天のために生きましょう。


1002230.JPG


100215 今日の安侍日 [安侍日]


完成した私は、世界人類を代表した家庭における孝子であり、
歴史的国家を代表した忠臣であり、世界を代表した聖人であり、
天の摂理を代表した聖子である、という自信をもたなければなりません。
それでこそ、個人的な次元からサタン世界を完全に乗り越え、
天に帰っていくのです。そのような私です。


真の家庭と家庭盟誓 より

 
このように言われなければ、
いつまでも自分の思いのみに
生きていたであろう私です。


1002150.JPG

100207 今日の安侍日 [安侍日]


1002070.JPG



 為に生きる人は、滅びません。
 また為に生きる人は、霊界で絶えずコーチしてくれます。
 絶えず新しいものと関係を結ぶようにしてくれるのです。

 新しいものと関係を結ぶので、その人は自然に有名になり、
 世界的に知られるようになります。


 「真の家庭と家庭盟誓」 より



 新しいものとは、新しい人間関係、新しい環境、新しい仕事などでしょうか?
 その人が発展していくために必要な道へと、霊界が導いてくれるというのですね。

 今日も新しい出会いがありますように。
 わくわく


100130 今日の安侍日 [安侍日]

1001300.JPG



 「神様と真の父母の代身家庭として・・・・・・」
 とあるので、皆様の家庭が、神様の家庭と
 真の父母の家庭の代身家庭です。

 神様と真の父母の代身家庭は、天運を動かす家庭です。

 「天の祝福を周辺に連結させる家庭を完成することをお誓い致します。」
 とは、私だけが祝福されて幸せに生きようというのではありません。

 結局は、王族となり、すべての人たちを
 天一国の民にしなければならないということです。

 平和メッセージ14 「家庭盟誓」の価値とその意義 より




 私たちは天の祝福を、すべての人に伝えてまいります。

 と、いうわけで、今日は祝福の意義と価値を伝えに行くのだー。
 歴史的一日になるかも知れません。わくわく





♪ 読んで下さりありがとうございます。
 1クリックのご協力をお願いいたします。
 今日も良いことがありますように、お祈りいたします。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。